プラセンタの効果は美容面で利用されますが、医療でも利用されます

By: kazuhito umeda

プラセンタは哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスを一般的にはプラセンタと言います。プラセンタが抽出される胎盤には、生命に欠かせないアミノ酸、たんぱく質、脂質、糖質の3大栄養素と、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など胎児に必要な栄養素が豊富に含まれています。

アミノ酸は体の細胞を作る原料で、たんぱく質、脂質、糖質は体を作る重量な栄養素で、ビタミンやミネラルは体の機能を正常に保つ効果があります。また、核酸は、エイジングケアに作用する栄養素で、酵素は免疫力をあげるために必要な成分です。さらにプラセンタには、細胞と細胞を繋ぎ健康な肌を作るムコ多糖体や細胞の新陳代謝を促す成長因子などが含まれており、栄養が豊富なのです。

プラセンタの効果は、自律神経やホルモンバランスの調整、組織修復作用、抵抗力をあげる、抗アレルギーや抗炎症作用、活性酸素を除去するなど様々な効果が期待でき、医療、美容、育毛など各方面に利用されています。プラセンタを摂取するには、経口、注射、皮膚に塗るなどの方法で摂取します。より効果を得るには体内に直接注入できる注射が良い方法です。

飲むタイプで得られる効果は、シミやシワの予防や、肌の弾力アップなどです。肌の細胞を活性化させ肌の新陳代謝を触診させるアミノ酸、抗酸化作用で細胞の酸化を防ぐ成分などが豊富に含まれているため、紫外線によるシワやシミなどを改善が期待できます。また、ヒアルロン酸や体内への吸収率が高いアミノ酸なども含まれているため、新陳代謝がアップしてコラーゲンの生成が促されて肌に弾力が出てハリが蘇ります。

プラセンタ注射は、肝障害、更年期障害、アレルギー疾患など医療用としても利用されます。また、肌細胞の新陳代謝を促進するため美白や美肌への効果、肩コリ、生理不順、疲労回復などにも使用されいます。注射を行なう場合は1回の治療では即効性を感じることはないため、ある程度継続して治療を受けて、体内にプラセンタを長く留めて効果を徐々に実感していきます。